白豪主義から多文化主義へと政策を変えたオーストラリアには,多様な言語とその背景がある。児童・生徒の日本語教育は“Australian Language Levels Guidelines”や“National Policy on Language” などの全豪州規模の言語政策の中で、外国語科目の一つに位置付けられて行われている。全国規模ではあるが、各州の教育行政に主体を持たせ各州がこれ
<span style="color:rgb(51,51,51);">を指針とすればよいという姿勢をとっている。</span>
Helen Marriott(1997)によると1994 年、初等教育の外国語教育の1位はイタリア語、2 位日本語、中等教育の1位は日本語、2 位フランス語である。1980 年代末の大学教育では日本語がトップになり、その後国内の38 大学に日本語コースが開かれている。要因として貿易,日本人観光客の増加、日本からの投資などが考えられる。

本文作者:博主:     文章标题:海外の日本語教育事情・オーストラリアの場合
本文地址:https://anby.org/index.php/archives/70/     
版权说明:若无注明,本文皆为“anby.org”原创,转载请保留文章出处。
最后修改:2020 年 03 月 12 日 03 : 52 PM
如果觉得我的文章对你有用,请随意赞赏